震災の影響で発売が遅れるとアナウンスがあったプリウスワゴン。

そんな中、今度発売されるプリウスワゴンの価格とグレートについての発表がありました。
概要は以下の通りです。

○S "Lセレクション"(5人乗り)・・・235万円
○S(5人乗り)・・・250万円
○S "ツーリングセレクション"(5人乗り)・・・280万円
○G(5人乗り)・・・280万円
○G "ツーリングセレクション"(5人乗り)・・・300万円
○G(7人乗り)・・・300万円
○G "ツーリングセレクション スカイライトパッケージ"(7人乗り)・・・330万5000円

価格的には、当初の予想範囲内だと言えます。

プリウスワゴンの発売延期

| コメント(0)

大きな被害をもたらした東日本の大震災。
それに伴い、トヨタ自動車は、プリウスワゴンの発売を延期することを発表いたしました。

その理由の一つが、部品調達に関することです。
プリウスワゴンの部品を生産しているメーカーの中には、福島第1原発の事故で避難・屋内退避区域に指定されている所もあります。

また車を作るパーツの調達が難しく、完成車を作る工場は現在ストップしている状況です。

それに際し、日本国内で4月に予定していたプリウスワゴンの発売を延期することを明らかにしました。

まだ現時点では発売がいつになるかは未定とのことです。

地震の影響はいろいろな分野まで広がっていますね。

4月下旬発売予定のプリウススペースについてです。
現在注目を浴びているのは、やはり7人乗りのモデルです。

基本的にプリウス・スペースは3列シートが付くか付かないかで5人乗りと7人乗りにわかれます。

そしてこれは乗員人数の違いだけでなく、バッテリーの種類も違ってくる所に注目が集まっています。


○5人乗りにはニッケル水素電池、
○7人乗りにはリチウムイオン電池

という違いがあります。

リチウムイオン電池というのは小型化ができるという利点があるのですが、価格は高額になります。
そのため7人乗りの価格体系がどうなるのか注目されています。

Priusspace7人乗り

トヨタから「プリウス スペース」と「プリウスv」に関する発表がありました。

■プリウススペース
プリウスベースのミニバンモデルです。
乗車定員は、7人乗りの3列シートと5人乗りの2列シートがあります。
・大きさ
全長4615mm、全幅1775mm、全高1575mm

■プリウスv
こちらがプリウスのワゴンです。
・大きさ
全長4615mm、全幅1775mm、全高1575mm


プリウスミニバン写真

トヨタ自動車から報道陣にプリウスワゴンの試作車が発表されました。
その時の動画がこちらです。(出展:産経新聞)

意見は賛否両論あるようですね。
皆さんはいかがでしょうか?

プリウスワゴン発表

| コメント(0)

アメリカデトロイトモーターショーでプリウスワゴンが発表されました。
その時の名前は「プリウス v」

ちなみに3月に開かれたジュネーブショーの時は「プリウス+(プラス)」でした。

まだまだ詳細についてはわからないことも多くありますが、当サイトでは最新情報を随時伝えて行きます。

デトロイトモーターショーで発表された情報は以下の通りです。

【プリウスワゴン:2011/1/10デトロイト】
■全長×全幅×全高・・・4615x1775x1575mm
■エンジン:総排気量[cc]・・・1797cc
■最高出力・エンジン[ps(kw)/rpm]・・・98ps(73kW)/5200rpm
■最大トルク・エンジン[kg-m(N・m)/rpm]・・・142N・m/4000rpm
■システム全体:最高出力[ps/kW]・・・134ps(100kW)